ブログ

新築マンションの購入後相談事例 神奈川県在住,30代ご夫婦+お子様2人,職業会社員

10月度のご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール

神奈川県在住,30代ご夫婦+お子様2人,職業会社員

相談のポイント

新築マンションの購入後のお金の流れの確認

具体的な相談内容

新築マンションの購入は契約済で、入居を待つのみであるが、子供はまだ小さいく、これからどのようなお金が必要となるのかを確認して、今後のライフプランを考えたいという相談です。

相談方法

通常の住宅FP相談(ライフプラン相談)の中で中心相談内容が「家計改善」相談でした。
 

分析結果

一般的にはご主人様の年収では、住宅ローンの支払いは十分に問題ない計算ですが、ご夫婦により家計管理が全くできて状態でした。基本生活費という概念がなく、入金されたものはすべて使い切るという状況でした。また、ご両親さまからの毎月のご援助もあり、収支はマイナスとはならないものの、この生活が長く続くとは考えられません。まずは、通帳管理をご提案しました。家計改善によく提案しますが、家計簿を付ける作業は、習慣化されている方は、簡単ですが、全くしていなかった方が継続的にできることはほぼ無理です。「ダイエット」と同じと考えます。ですので、「通帳による収支管理」をよく提案します。具体的には、まず、多数ある預金通帳を利用するものは4冊までにまとめてもらうことから初めました。今回のケース継続が必要ですので、年間顧問契約をご提案しております。

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。今回は、住宅購入の可否判断より最重要課題が家計管理であるケースとなります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。

Follow me!

関連記事

  1. フラット35相談事例 神奈川県在住 60代ご夫婦 職業会社役員
  2. 【相談事例:住宅ローン相談】住宅ローンが不承認となったのですが、…
  3. [相談事例]ペアローンの注意点を教えてほしい。
  4. 消費税増税について
  5. 新築マンションの購入検討 家計見直し相談 40代女性主婦
  6. 【相談事例】住宅購入と同時に生命保険の見直しがしたい
  7. 初回無料相談事例 男性 電話相談
  8. 【相談事例:住宅ローン相談】共有で借入をしたいのですが、できます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP