ブログ

フラット35相談事例 神奈川県在住 60代ご夫婦 職業会社役員

10月度のご相談事例をご紹介いたします。

相談者プロフィール 

 
神奈川県在住 60代ご夫婦 職業 会社役員

相談のポイント

地元で購入し、賃貸中の持ち家マンションの売却相談

具体的な相談内容

地元に以前購入したマンションがあるが、賃貸として所有を続けるのがいいのか。売却した方がいいのか?という相談です。

相談方法

相談メニューはフラット35相談.賃貸継続の場合と売却の場合の比較を行いました。
 

分析結果

金銭的な比較も必要ですが、定年後の住まいの問題を最優先事項としてとらえました。ご実家方面へ戻ることはほぼ決定ですが、ご実家もあり家には困ることはない。またいつになるかは不明であり、絶対的にマンションに住みたいとはお考えではないとのことでした。そして金銭的な比較としても今後の年金生活を考慮した場合、仲介手数料等の支出があったとしてもランニングコストの低減を考慮すると売却の方がメリットは高いと提案いたしました。ご決断は、提案を踏まえてお考えされるとのこと。  
  

補足

一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。

Follow me!

関連記事

  1. フラット35相談事例,神奈川県在住,40代ご夫婦+子供3人,職業…
  2. 【相談事例:住宅ローン相談】共有で借入をしたいのですが、できます…
  3. 【相談事例:住宅ローン相談】住宅ローンはどこの提携ローンがいいの…
  4. 【相談事例:住宅ローン相談】ペアローンの注意点を教えてほしい。
  5. 【相談事例:住宅ローン相談】借地権付き土地での住宅ローン相談
  6. 住宅購入予算UPのためのライフプラン見直し相談 東京都在住30代…
  7. 【相談事例:住宅ローン相談】つなぎ融資とは必要なんですか?できれ…
  8. フラット35相談事例 横浜市西区在住 50代ご夫婦 住宅ローンの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/users/1/hiyoki/web/fagency.co.jp/wp-content/themes/law_tcd031/comments.php on line 156

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP