ブログ

【相談事例:住宅FP相談】無理のない範囲で、住宅を購入したい。

【相談事例:住宅FP相談】無理のない範囲で、住宅を購入したい。

無理のない住宅購入をしたい

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様1人【職業】会社員【居住エリア】神奈川県横浜市港北区

具体的な相談例

自分達の今後の人生設計を考えた時、また子供の教育費を考慮したときに、住宅を買って住宅ローンに振り回されたくない範囲で、購入購入したいと考えているが、予算はどれくらいか知りたい。子供は本当は3人ほしいけれど、3人とも大学に出すのは難しいと思うので、家の購入が難しくなると思う。総合的に質問してみたい。

相談のポイント

今回のご相談者の相談ポイントは「現状確認」でした。プロフィールとご予算を考えた時、一般的には、無理とは思われない範囲であったが、現在の家賃と住宅ローンの返済金額のみを比較して、可否判断をされていました。具体的には、現在の家賃が10万円で、住宅ローンの支払いが12万円となる。ということは、今のままでも難しいのにこれから教育費もかかる。住宅購入後のランニングコストもかかる。老後資金の貯金も将来必要であると考えた時、無理とかんがえていらっしゃいました。このような考え方は大きな間違いであります。一部のみを比較して全体の判断をしてしまうのは典型的な「安物買いの銭失い」の例と思われます。ご相談者の場合、過去ローンを借りたことがないので「ローン=悪」そして「怖い」という恐怖心がありました。ライフプラン表の作成により、将来のキャッシュフロー(収支の状況)と金融資産残高の推移(貯蓄がどうなるか)が明確化できるようになりました。

相談メニュー

住宅FP相談

分析結果 

総合的な判断が必要です。ご本人達のみではわからないことを引き出すのが面談1回目のヒアリング(現状確認)となります。

結果

ご購入の是非をご自分でご判断できるようになり、予算を再設定され購入の方法へ前進されました。現在検討中。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

Follow me!

関連記事

  1. 新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子…
  2. 【相談事例:住宅FP相談】住宅購入時、無理のない借入可能な住宅ロ…
  3. 【相談事例:住宅FP相談】10年間の住宅ローン控除を考えて、借り…
  4. 新築注文戸建購入相談【相談者プロフィール】30代夫婦+お子様2名…
  5. 新築注文住宅購入相談事例【相談者プロフィール】40代ご夫婦+お子…
  6. 新築マンション購入相談事例 東京都在住 40代ご夫婦+お子様2人…
  7. 【相談事例:住宅FP相談】フラット35でリフォームローンはできま…
  8. 【相談事例:媒介契約サポート】住宅購入時期で得する買い時は、いつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP