ブログ

【相談事例:住宅ローン相談】住宅ローンが不承認となったのですが、どうしてですか?

【相談者プロフィール】30代夫婦

【職業】会社員

【居住エリア】神奈川県横浜市港南区

具体的な相談例

中古住宅を購入する予定で、ご主人様にて、住宅ローンの審査を住宅メーカーの斡旋する金融機関で審査したが、
「総合的判断」で不承認となったしまった。転職歴もあるわけではないし、年収も700万円台で、希望借入金額は
3,500万円であったでの、返済負担が高いというわけでもないと思っていた。しかし、金融機関は理由を教えてくれない。
そこで、ご主人に確認したら、昔クレジットカードやキャッシング(お金を借りる)ことをして、返済していないことが
あったことを思い出だしたといわれ、「個人信用情報機関」に個人情報の開示請求を依頼することをご提案。
過去の履歴が記録として残っており、数件の情報が記載されていたが、よく理解できない。説明とどうすれば借入が
可能であるかを相談したい。とのこと。

相談のポイント

まず1点目、住宅ローンには、年収要件があります。借入希望金額には、必要な収入が必要です。また返済負担率の計算や、他の借り入れを含めた計算が必要です。具体的には、オートローンを月々3万円返済したいて、あと1年だとしても住宅ローンの返済予定が7万円(月々/35年)の場合は、あと1年でオートローンの返済が終了するとしても10万円を返済することを条件として審査されます。また2点目として、物件の問題もあります。中古住宅の場合、金融機関は新築住宅より厳密に融資可能かどうかの判断を行います。つまり融資が回収できるだけの評価があるかどうかを審査対象とします。今回のケース2点とも問題はないようでした。

相談メニュー

住宅ローン相談・フラット35新規借り入れ相談

分析結果 

個人情報開示資料を同意の上、確認させていただいたところ、最近の返済履歴については、多少の問題(遅延等)があるものの否決理由となることはない情報でしたが、1件の借り入れ情報に「〇〇」という文字が履歴に掲載されておりました。この「〇〇」という記載がある場合は、大変住宅ローンの審査は厳しくなります。ほぼ不可となります。今回の金融機関の否決理由は、こちらであることで間違いないと判断されました。

結果

ご主人様のみのお勤めのため、現状での借り入れはできないと判断。履歴が掲載される期間を経過後に再度住宅を検討されるということで方向性が決定しました。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

関連記事

  1. 生命保険相談事例 東京都在住,30代ご夫婦,職業会社員
  2. 【相談事例】マンションを買い替えたいが、今のローンが残っているの…
  3. 【相談事例:住宅ローン相談】借地権付き土地での住宅ローン相談
  4. 2017年1月 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険㈱の取扱いを…
  5. 【相談事例:住宅ローン相談】共有で借入をしたいのですが、できます…
  6. お盆期間休まず営業します。
  7. 夏季休業のお知らせ
  8. 【相談事例】我が家の適切な住宅購入価格が知りたい。(30代ご家族…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP