ブログ

【相談事例:住宅購入フルサポートパック相談】経済的に無理のない範囲のマイホーム購入

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様1人【職業】会社員【居住エリア】神奈川県川崎市

具体的な相談例

自分達の今後の人生設計を考えた時、また子供の教育費を考慮したときに、住宅を買って住宅ローンに振り回されたくない範囲で、購入購入したいと考えているが、予算はどれくらいか知りたい。子供は本当は2人ほしいが住宅を購入しても問題ないのかを総合的に確認してみたい。

相談のポイント

今回のご相談者の相談ポイントは、「住宅購入総額」でした。新築注文住宅をご希望のため、土地探しから開始となりましたが、希望の建物と希望立地を考慮すると、希望予算の5,500万円以内を超過し、7,000万円ほどとなり、1,500万円ほどの超過金額が発生してしまいます。収入から考慮される「借入可能額」では、計算上借入は可能ですが、「支払いしていける額」とは乖離があります。その後、親族の土地を購入できる可能性が浮上しました。時価よりも低廉な価格での売買が可能とのことでしたが、ここで、「親族間売買による低廉譲渡による贈与税の懸念」が発生しました。そこで、税理士・不動産鑑定士・司法書士との連携により、一部を贈与し、払うべき税金は支払うことにより対策を実施。その後、住宅ローンの審査も無事承認となり、住宅購入計画は、当初ご相談者のご希望内容にて進展いたしました。さらに住宅購入の意思確定と住宅購入計画の進捗により親御様より住宅資金贈与が受けられたことに、当初の借入額より大幅におさえられることとなり、より「経済的に無理のない範囲でのマイホーム購入」に前進いたしました。

相談メニュー

住宅FP相談→住宅購入フルサポートパック→媒介契約サポート

分析結果 

今回は、住宅購入は、ご親族も含めての大きなライフイベントです。購入しようとする目的は、相談することによいり協力者があらわれたり、援助が得られることとなったりすることがありますが、その典型的なパターンではないかと考えます。

結果

本相談は、2019年3月現在まだ継続中です。

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

Follow me!

関連記事

  1. メルマガ0029
  2. 住宅ローン相談事例 東京都在住,40代ご夫婦+お子様2人
  3. 年金相談事例 神奈川県在住,60代ご夫婦,
  4. メルマガ0028
  5. [相談事例]ペアローンの注意点を教えてほしい。
  6. 横浜でのFP相談は、住宅購入相談FP(ファイナンシャル プランナ…
  7. 2世帯住宅の住宅ローン談事例 横浜市港北区在住 40ご夫婦+お子…
  8. 【相談事例:住宅ローン相談】フラット35の借入ができますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP