ブログ

【相談事例:住宅FP相談】新築マンション購入を検討しているが、適切な予算であるか知りたい

【相談事例:住宅FP相談】新築マンション購入を検討しているが、適切な予算であるか知りたい

【相談者プロフィール】30代・ご夫婦【職業】会社員【居住エリア】横浜市保土ヶ谷区

具体的な相談例

ご夫婦で新築マンションをご検討中の方からのご相談「検討住戸は決まっているが、住宅予算は自分たちに本当にあっているのか知りたい」という事例です。

このようなご相談内容も多くいただきます。以前も投稿しておりますが、当社では、年収から借入額を計算するということは行いません。まずは、どのような暮らしがしたいのか、どのような家に住んでたいのか、 暮らしのイメージができているのかからスタートします。「ファイナンシャルプランナー」というとファイナンス=お金のみのご相談とお考えの方が多いですが、当社ではまずは、ライフイベント(人生設計)その次にキャッシュフロー(お金)の順番を重要視しした、ご相談を行っております。

一見すると(ご収入・プロフィール)十分予算的には問題なさそうに感じられるご夫婦でしたが、収支管理ができておらず、収入に対して支出(使途不明金)が多く将来不安を感じられておりました。

ご夫婦共働きのご家庭に多い事例です(当社相談の場合)。毎日の家計簿の記帳はご夫婦のライフスタイル上継続不可とし、使途不明金の管理に焦点をあてて対策分析させていただきました。

つまりは、1000円単位の食費等を管理するよりも、10,000円単位のおこずかいを管理した方がより家計は安定するということです。ご相談後、ご希望の新築マンションを予定通り「安心して」ご契約されたことを後日ご報告いただきました。

相談のポイント

住宅予算管理より、家計管理

相談メニュー

住宅FP装弾

分析結果 

特に問題なし

結果

新築マンションの購入

実施提案

購入後の生命保険の見直しにより固定費削減 

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

相談方法

まずは、無料LINE相談・質問はこちらから

LINE相談

相談の申込はこちらから

FP相談を問い合わせる

Follow me!

関連記事

  1. 【相談事例:住宅FP相談】横浜市で建売住宅の購入を検討しているが…
  2. 【相談事例:住宅FP相談】本当に家を買っても大丈夫なのかを確認し…
  3. 【相談事例:住宅FP相談】無理のない範囲で、住宅を購入したい。
  4. フラット35相談事例 横浜市西区在住 50代ご夫婦 住宅ローンの…
  5. 展示場同行見学相談事例 横浜市在住 30代ご夫婦,
  6. 住宅ローン相談事例 東京都在住,40代ご夫婦+お子様2人
  7. 【相談事例:住宅購入フルサポート】資産運用についてご相談させて下…
  8. 中古マンション購入相談事例 横浜市在住 40代女性単身

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP