ブログ

【相談事例:住宅FP相談】横浜市で建売住宅の購入を検討しているが、適切な住宅購入予算であるのか知りたい

【相談事例:住宅FP相談】横浜市で建売住宅の購入を検討しているが、適切な住宅購入予算であるのか知りたい

【相談者プロフィール】30代・夫婦【職業】会社員・会社員【居住エリア】大和市

具体的な相談例

ご夫婦で建売住宅をご検討中の方からのご相談「購入予算は問題ないと思っているが、私たちの考え方は正しいのでしょうか?」という相談事例です

当社では、年収から借入額を計算するということは行いません。まずは、どのような暮らしがしたいのかどのような家に住んでたいのか。暮らしのイメージができているのかからスタートします。「ファイナンシャルプランナー」というとファイナンス=お金 のみのご相談とお考えの方が多いですが、当社ではまずは、ライフイベント(人生設計)その次にキャッシュフロー(お金)の順番を重要視しした、ご相談を行っております。といつものようにこの前提があります。今回、まだお子様がいらっしゃらないので、教育費がどれくらい今後かかるのか不明であることで不安であることがわかりました。

相談のポイント

基本生活費の把握・教育費の目安・共働き時の保育園・幼稚園の問題について

相談メニュー

住宅FP相談

分析結果 

現在の検討住宅予算4800万円は、適切であるが、共働き時の利便性を考慮し、予算上昇しても駅近な距離であることや、4人家族を想定した、広めの床面積の居住空間確保のために予算上昇も検討可である。

結果

現在検討中の物件も視野に入れながら、他エリアを含めて再度検討することとなりました。

実施提案

媒介契約サポート・生命保険見直し・住宅ローン相談

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

相談方法

まずは、無料LINE相談・質問はこちらから

LINE相談

相談の申込はこちらから

FP相談を問い合わせる

Follow me!

関連記事

  1. 住宅ローン相談事例 東京都在住,40代ご夫婦+お子様2人
  2. 【相談事例:住宅購入フルサポートパック】経済的に無理のない範囲の…
  3. 【相談事例:住宅ローン相談】フラット35の借入ができますか?
  4. 【相談事例:住宅FP相談】戸建て購入後の教育費が不足しないか相談…
  5. 【相談事例:住宅ローン相談】住宅ローンはどこの提携ローンがいいの…
  6. フラット35相談事例 横浜市西区在住 50代ご夫婦 住宅ローンの…
  7. 【相談事例:住宅ローン相談】ペアローンの注意点を教えてほしい。
  8. 【相談事例:媒介契約サポート】住宅購入時期で得する買い時は、いつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP