ブログ

【相談事例:住宅FP相談】住宅購入時、無理のない借入可能な住宅ローン金額を教えてください。

【相談事例:住宅購入フルサポート】

【相談事例:住宅購入フルサポート】住宅購入時、無理のない借入可能な住宅ローン金額を教えてください。

【相談者プロフィール】30代ご夫婦+お子様2人

【職業】会社員

【居住エリア】東京都世田谷区

具体的な相談例

7,000万円台の新築マンションの購入を検討している。夫婦共働きですが、家計簿等利用したことがなくお金に関しては無頓着で、今は返済はできると思うが、子供が大きくなったら、教育費などかかるときに本当に返済できるのか不安になったので、相談したい。そもそも私達の収入で5,000万円の借入は適正なのかを確認したい。

相談のポイント

世帯年収1,600万円(ご主人1,000万円、奥様600万円)の会社員のご夫婦。貯蓄額は、2,000万円ほどとなり、意識して貯蓄したわけではないが、マンションを買うと考えていたので、少しずつ貯めていたとのこと。今回のポイントは、家計収支となります。(一般的に)高収入といわれるご家庭では、収入が多い分、支出も多くなる傾向があります。当たり前かと思われがちですが、高収入なご家庭でも、家族4人の食費・光熱費は、一般家庭と同じであっても不思議ではありません。4人が食べる量世帯年収が高い方ほど多く食べるということはないと考えます。不安なことは、家計が見えていないからであることがご相談者の悩みでした。また、他者との比較ができなにので、「月額どのくらいが正常な家計か」が不明であっため、混乱をきたしていました。

相談メニュー

住宅FP祖団

分析結果 

ライフプラン表からは、金融資産額が生涯を通して、マイナスとなることはない計算でしたが、基本生活費が5万円ずれていたら、時期によりマイナスになってしまうことが判明。相談内容の住宅ローンの借り入れ可能金額が問題ではなく、家計管理不足が問題であることが明確となりました。

結果

今回は、月額20万円を月初に銀行から引き出し、1ケ月間、食費等は、すべて現金払いで、管理する方法をまずは試してみるから開始となりました。カード払いを3か月で減らしいき、目に見えるお金で管理するという方法への修正を行います。半年ごとの確認のため、再度ご相談予定にて終了

補足

写真と本文は関係ございません。また、一般論と個々人の考え方は異なります。「ご本人のお考えと」「ご本人のライフプラン」に即したご提案を行っております。「FPに相談する」という方法があります。

Follow me!

関連記事

  1. 生命保険相談事例 東京都在住,30代ご夫婦,職業会社員
  2. 【相談事例:住宅購入フルサポートパック相談】経済的に無理のない範…
  3. 年金相談事例 神奈川県在住,60代ご夫婦,
  4. 建売住宅購入相談事例 横浜市在住30代ご夫婦
  5. メルマガ0028
  6. フラット35相談事例 横浜市西区在住 50代ご夫婦 住宅ローンの…
  7. 住宅購入・買替時お得になる税金の一例
  8. [相談事例]ペアローンの注意点を教えてほしい。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


井上 富寛(いのうえ ふみひろ)

photo-inoue

宮崎県出身
高知大学教育学部卒業
分譲マンションの販売全般に従事
外資系生命保険会社に転職
2016年にFPとして独立し、法人を設立。

ライセンス
FP業界の資格:CFP®
FPの国家資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士
生命保険業界の資格:生命保険募集人・変額保険販売資格

損害保険業界の資格:損害保険募集人

Facebook

PAGE TOP